top of page

「ウエルネス@タイムス」第21号 ヘッドライン


 「ウエルネス@タイムス」第21号 ヘッドライン



 4月は桜の開花、入学式、新年度のスタートとともに始まります。

 2023年4月は、統一地方選の他、参院補選が行われ、自民党の辛勝、立憲民主党の

低迷という結果に終わりましたが、なお波乱含みの政治状況が続いています。

 4月、新潟でも市内を走る各候補の選挙カーが、走り回り「○○○○をよろしくお願い

します」と、ウグイス嬢が盛んに連呼していました。

 候補者が同乗している選挙カーでは、さほど人通りがない道路でも、候補者が手を振っ

ています。

 別に支持者ではありませんが、頑張っている様子なので「頑張って」という感じで手を

振ると、早速「ありがとうございます」と、一際高い声で御礼の言葉が返ってきます。

 手を振れば、応える。お願いすれば、聞いてくれる。それが国益につながるならば、選

ぶに越したことはありません。とはいえ、選挙ともなると、犬が吠えても「応援あがとう

ございます」と応えるとか、いろいろ言われています。

 過剰な期待は御法度です。というか、投票率の低さなど、白けた有権者の声なき声は巷

に氾濫しています。

 そんな選挙ですが、毎回、必ずと言っていいほど、自動音声による電話での支持政党な

どを尋ねる電話がかかってきます。無作為で選んだということですが、居住地域を確認し

た上で、例えば岸田政権を支持するか、投票に行くか、投票する相手は決まっているか、

そして性別、年代などを尋ねてきます。

 今回も、公示後、早速電話があったので、県議はさておき、市議はたまたまハガキが届

いていた候補に投票すると答えておきました。通常はそれで終わりですが、その1週間後

また電話がありました。同じ内容です。

 同様に答えて、同市議は「2票分入ったことになるな」と苦笑していたら、何ともう一

回かかってきました。

 結果、アンケート上では3票入ったわけです。電話アンケートがいかに正確で民意を反

映しているのかという典型的な事例という貴重なエピソードです。




●戦争の狂気「蟻の兵隊」の舞台 激戦地・山西省で戦った歌人

 フォトギャラリー 越後堀之内「宮柊二記念館」を訪ねる


●世界中からVIPが訪れる日本茶専門店「茶肆・道中庵」

 ヘアーサロン「T&リボーン」を訪ねる  ウエルネス情報1.


●「ハッピーエンドの作り方」その答えは、玄米菜食!?

 絶対得するビーガン&ベジタリアン 


●「1ドルで家を建てた話〜SWEAT EQUITY〜」

 九州大学学術リポジトリより 「発明の周辺」その4 松原幸夫


●無名ジャーナリストの仕事 新型コロナ騒動とは、何だったのか?

 松井和義著「コロナワクチン『毒』からの脱出法」その他


●ゴルフQ&A 素朴な疑問に対する究極の答えとは!?

 「世界初・特許ゴルフ術教えます」12 ゆうぼう塾長


●ウエルネス情報2.

 「ガン」からの生還レポートその後



「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考えた・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表




閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page