top of page

「ウエルネス@タイムス」第23号 ヘッドライン



 「ウエルネス@タイムス」第23号 ヘッドライン


 先日、知人からメールが届きました。

「トライしませんか?」

と書いてあって、どうも「最先端表現技術」関連の賞に推薦した

ということのようです。

「エッ! どういうこと?」

 ホントなら、ありがたいこととはいえ、当「ウエルネス@タイムス」は、最先端とは真

逆の、常に周回遅れの表現者(ワープロ・ファックス止まり?)によるメディアです。

「よくあるまちがいメールかも」と思って、確認したところ、まちがいではないとのこと

でした。

 そうなんだ!

 作家・永井荷風は日記「断腸亭日乗」によると、何かと騒がしい世相に背を向けて、世

の中の情報に惑わされないように、日々の暮らしを送っていました。荷風ではありません

が、そこに価値があると考えるべきかもしれません。

 時流に敏感になれば、余計なことが気にかかります。テレビを消せば、ウクライナの惨

状は目の前から消えて、ごく普通に平和な情景の中にいられることもわかります。

 実際には、テロリストの「一人一殺」を理想としています。確実に一人に届くようにと

の思いを込めてのことです。

 それらレポートとともに「先祖供養は未来への投資」、「霊性の覚醒・向上」といった

キーワードが、本来、価値ある情報として世間に届かないのはメッセージする側の責任・

怠慢なのか、あるいは主要メディア、関連業界の側の怠慢・都合なのかはさておき、そこ

ではメッセージすること自体が、問題提起となっています。それが日本の明日への財産供

与にもなっていることから、ないと一緒のようなメディアにもかかわらず、ごく一部に意

外な(?)影響力を発揮することにより、いまも存続しています。ありがたいことです。

 何事も、新しい技術を使えば便利なものを、あえて気負うこともなく不便を楽しむとこ

ろに、異なる視点、時流に流されない余裕も生まれてきます。

 ともあれ、最先端表現技術を掲げた賞にチャレンジできること自体が、後日「ウエルネス@タイムス」のネタになるわけです。




●中国の理解者・鈴木英司氏をスパイ容疑で「拘束」した習近平の正体!

  「また一人、中国ファンを失った!?」 無名ジャーナリストの仕事 



●「仏教看護・ビハーラ学会」第19回年次大会に行く @タイムス情報

  文化人類学者・上田紀行氏、宗教学者・鎌田東二氏などの錚々たる顔ぶれ


●玄米菜食は人類に残された最強の投資!!

  「絶対得するビーガン&ベジタリアン」の真実  


●フォトギャラリー 岡山県倉敷の「良寛」さま

  新潟にはない国民宿舎「良寛荘」を訪ねる


●「ゴルフQ&A」その3 ゴルフ指導者のどこがおかしいの?

  「世界初・特許ゴルフ術教えます」13 ゆうぼう塾長


●風化貝化石カルシウムの不思議な効果 ウエルネス情報

  株式会社「ウエルネス」野村修之社長の個人的体験!


「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考えた・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page