top of page

「ウエルネス@タイムス」第31号 ヘッドライン


 「ウエルネス@タイムス」第31号 ヘッドライン




今年は閏年で2月29日まであります。例年より1日多い29日に生まれる赤ちゃんも

いるのだろうかと思いながら、静岡県原の松蔭寺の玄奘和尚が29日生まれだったことを

思い出しました。さすが傑物和尚です。一体、どんな誕生祝いをするのでしょうか。閏年

には当日に祝えたとしても、例年はどうなっているのでしょうか。

 たぶん28日か3月1日のどちらか、あるいは両日「今日が○○ちゃんの誕生日だった

かな?」といった感じで、いまどきはケーキにロウソクを立ててハッピーバースディを歌

ったりしているのではないでしょうか。

 毎年、誕生日が来る人と4年に一回しか来ない人がいます。何でも「自由・平等が憲法

に補償された権利だ」と称し、正義を掲げつつ、その権利を世の中に蔓延する不平不満に

結び付ける人たちならば「私の誕生日を、どうにかしろ。2月29日の代わりに、31日

まである月の1日を30日に!」との訴訟を起こしていても不思議ではありません。そん

なわけないか?


 しかし、一つだけ誰からも文句が来ない解決法がすでにあります。通常は忘れています

が、新年などに神社を訪れた際に、実年齢とは異なる歳を知らされて「エッ!?」となり

ます。例えば男性の厄年は42歳ですが、4月1日に生まれて「今年の誕生日で41歳に

なる」と思っていたら「あなたは、今年が厄年です」と神社で気づかされます。あるいは

今年の誕生日で76歳になる人もいます。

「来年は喜寿(77歳)か」と思っていたら「今年が喜寿です」と知らされます。

 要は、数え年での年齢の数え方では、満年齢とは最大2歳の差が生じます。理由は数え

年は生まれた年の正月を1歳とするためです。十月十日、母親の胎内で育つことを思えば

生命が宿ったときから数えていることになります。実に科学的です。

 日本でも昔は国民全員が元旦に誕生日を迎えました。そして、全員が1つとなって正月

を祝います。新年がおめでたい理由の一つです。そこに日本の「和」の仕組みがあったの

ですが、それもいつの間にやら「個の尊重」「自分大事」の文明思想に染まっていって、

いまや誕生日は2つあります。

 しかし、そこに抜け落ちているのが、閏年2月29日に生まれた人の存在です。

 もしも昔通り、正月を誕生日とすれば、彼らも救われるという数え年は、実に人として

の正しい在り方を生きる基本であり、平和の原点とも言えるのではないでしょうか。



●「聖書と経営」を実践した「ライオン」創業者・小林富次郎とは?

 創業から100数十年後の「ライオン」本社を訪ねる  フォトギャラリー 


●クルマ椅子の“フェラーリ!?”ペダル付きクルマ椅子「コギー」

 常識のカベ突破にチャレンジする株式会社「TESS」の奇跡


●「女性向け・新どぶろく」試飲発表会に行ってきた!

 信州高遠・黒松仙醸が本格発売するどぶろく×低アルコール「どぶといちご」


●現代の健康ワンダーランド? 健康テーマパークは今日も花盛り!

 東京ビッグサイト「健康博覧会2024」に行ってきた!


●世界的アーティスト・草間弥生の「反黒人的表現」に思うこと

 深窓の令嬢が産んだハネムーンベビーは、黒い赤ん坊だった!


●「いい道具が欲しい!」 いい道具を生かす特許ゴルフ練習用セット完成!!

 特許・黄金ゴルフ理論 ゆうぼう塾長の「ゴルフ指導日記」より



「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考え方・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表



閲覧数:65回0件のコメント

コメント


bottom of page