top of page

「ウエルネス@タイムス」第32号 ヘッドライン


 「ウエルネス@タイムス」第32号 ヘッドライン



 人生、いいこともあれば、悪いこともあります。

 2024年3月8日、京都に向かう朝、東京駅に行くと、新幹線入口付近に人が屯して

いました。山陽新幹線内で人との接触事故があって、新幹線が動いていなかったのです。

 その影響で2時間近い遅れが生じていました。運転は再開したとアナウンスはされてい

ましたが、入場制限(改札が数カ所)もあってか、全然、人の列は動きません。

 ちょっとした不運・小さな不幸です。

 そんな中、逆に何かいいことはあったかと言えば、前のおばちゃん2人連れが「これが

よくテレビで見る光景だわよね」と、自ら当事者になったことをネタにしていました。

 普段は体験できない貴重なニュースの現場で、その当事者になれたというわけです。

 虫の知らせもあり、京都の約束はキャンセルしていたので、とりあえずの問題はありま

せん。大幅な遅れにあったとはいえ、無事、京都に着きました。

 新幹線では1月23日にも、ヒドイ目にあっています。用事を済ませて、新潟に帰ろう

と東京駅に行ったところ、大宮付近での電線事故により上越・東北新幹線が運休。一日遅

れで帰宅したことがありました。何かと小さな不運・不幸が続いていました。

 それもまた、日本を正月早々、能登半島地震など、様々な不幸が襲う中、小さな不運・

不幸は大きな不運・不幸のいわばガス抜きになるのではないかと思って、かえって良かっ

たと考えるようにしています。

 とはいえ、虫の知らせはバカになりません。

 3月14日には、誰の命日か、思い当たる先祖はおりませんが、気になって菩提寺であ

る北山浄光寺に行ってきました。

 行ったところ、お寺の本堂正面の景色は一変していました。毎年春になれば咲いていた

桜が、根元を残して、無残に切り倒されていたからです。

 桜の根が育ちすぎて、水場の水漏れの原因になったり、建物に影響を及ぼしたりするた

め、伐採することは昨年、決まっていました。

 その日、ついに花を見ることなくというか、見せられないまま、命を終えたわけです。

 伐った枝を積んだ軽トラックの荷台は、まるで映画になった、学校で大切に育てた豚が

畜産処理場に送られていく様子を思い出させます。

 虫の知らせというか、桜に呼ばれて行ったその日は、花の命日だったのです。




●「高齢者は集団自決を」とは、いつか見た光景?

  介護施設での殺人事件と経済学者・成田悠輔氏の問題発言について


●「昭和大戦博物館」準備展示室を開設した

 「靖国神社」宮司を脅迫した国士・浦田雅治氏の最後の御奉公?


●最後は“焼身自殺”で!と国交省に戦いを挑んだ「無水掘工法」

 2023年末、国交省からの答えになっていない「回答」の内容


●ギャラリー店主は「文化の伝道師」と言われている?2

 「一期一会」の場を提供する「ガレリアプント」を訪ねてみた



●越後堀之内「宮柊二記念館」主催「和歌の作り方」十箇条とは?

 岩手「短歌甲子園」と第29回「宮柊二記念館全国短歌大会」


●ウエルネス情報

 自宅のお風呂が「温泉」になるLED+5・5νGメディカルシャワー 



「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考え方・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表



閲覧数:65回0件のコメント

コメント


bottom of page