「ウエルネス@タイムス」第6号 ヘッドライン  特集「ウエルネス情報」


 「ウエルネス@タイムス」第6号 ヘッドライン

  特集「ウエルネス情報」




 2022年を迎えて、相変わらず世界はコロナに振り回されています。

 年末年始、多くの国はパーティと花火で、年越しを迎えるようですが、日本ではお寺の

除夜の鐘を聞き、神社に初詣をするというのが、長年の風習となっています。

 その除夜の鐘も「うるさい!」との声で、近年はだいぶ遠慮がちになっているとのこと

で、日本的風習はどこでも徐々に衰退している印象です。

 東京から新潟に来て12年、年末年始に気がついたことの一つは、市内を歩いて、料亭

や公共施設などは別にして、住宅地を歩いていて、ほとんど松飾りなど出ていないことで

す。




 我が家は小さな松飾りと神棚にしめ縄を飾っていますが、いまどき日の丸を掲げる家が

筋金入りの右翼と見られるように、松飾りを出す家もバリバリの右翼に見られる時代がや

ってきているということかと不安になったものです。

 2022年、新潟の元旦は昨年同様、雪を踏みしめての初詣となりました。

 傘など差せない雪交じりの強風の中、徒歩で1時間ほどの初詣を終えて思うことは、普

通は耳が痛くなってもおかしくはないのですが、まったく平気なことです。

 まさに、ベジタリアンの効用です。みなさんも、やればいいのにと思うのですが「良薬

は口に苦し」というわけで、ほとんどやる人はおりません。

「ウエルネス@TIMES」が伝える情報も似たようなもので、世の中に必要とされてい

るのに、ほとんど誰も伝えない情報をメッセージしています。







●「コロナは治る」 ウイルスは=“敵”ではない

 「ハワイからのメール」ジュジュベ・クリニック 亀井士門院長

https://www.wellness-at-times.com/post/ウイルス・病原体は-敵-ではない-「ハワイからのメール」-ジュジュベ・クリニック-亀井士門院長



●これではコロナ(感染症)騒動は終わらない!

 「国民を敵に回すワクチン訴訟の弱点」 第2回公判報告レポート

https://www.wellness-at-times.com/post/「国民を敵に回す反ワクチン派、ワクチン訴訟の弱点」-ウエルネス情報


●「文化テロ」を仕掛けたアーティスト久保田成子

  美術界の「革命とイノベーション」トミオカホワイト美術館

https://www.wellness-at-times.com/post/「文化テロ」を仕掛けた久保田成子-アート上の「革命とイノベーション」トミオカホワイト美術館


●「愛こそすべて」究極のアートとしての治療技術

  仙台「丸山アレルギークリニック」

https://www.wellness-at-times.com/post/「愛こそすべて」究極のアートとしての治療技術-丸山アレルギークリニック-丸山修寛院長


●死を胸に生きる国士「アフガンのサムライ」

 同郷の中村哲医師を叱った! 田中光四郎短歌集「あるがまま なすがまま」

https://www.wellness-at-times.com/post/死を胸に生きる国士「アフガンのサムライ」-ウエルネス情報-「あるがまま-なすがまま」-田中光四郎短歌集


「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考えた・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表




閲覧数:60回0件のコメント