top of page

「ウエルネス@タイムス」第7号 ヘッドライン


 「ウエルネス@タイムス」第7号 ヘッドライン





 毎年、節分のある2月は、いつの間にか世間では恵方巻きを食べること。それが済むと

バレンタインのチョコレートを食べる。ビジネスに直結する習慣が当たり前になっていま

す。その一方、かつての紀元節である2月11日、建国記念の日は、単なる冬場の休日と

化しているようです。

 しかし、改めてカレンダーを見れば、2月は22日が竹島の日、23日が天皇誕生日、

そして2月26日は二・二六事件があった日と、右翼・左翼・老若男女が内と外なのか、

愛と平和なのか、戦争とビジネス商戦なのか、どこを見るかで、人々の思惑も行動も大き

く変わるという重要な月です。

「ウエルネス@タイムス」編集子も、島根県松江市の「小松電機産業」小松昭夫社長から

22日のZoom会議への誘いを受けていました(コロナ感染拡大のため4月に延期)。

当日は上京して下北沢の「レディージェーン」に行き、翌23日の天皇誕生日は染井霊園

にある白川伯王家の墓前での祭典に参列してきました。

 祭典は天皇家のために尽力した白川伯王家の墓参・先祖供養をを、その跡を継いだ「梨

本宮記念財団」梨本隆夫代表理事が、35年間、毎月23日に、多くの日本人並びに天皇

家に代わって執り行ってきたものです。

 真の国益を考えると、自然ないしは地球という視点がないと、トランプ前大統領の国益

もプーチン大統領の国益も同じものでしかなく、常に対立・争いが止みません。

 保守・右翼を公言、自負する人たちは多くとも、彼らがどれほどの思いで自らの主義主

張を貫こうとしているのかを考えるとき、過去を整理(慰霊鎮魂)しなければ、前に進め

ないという意味で、先祖供養は「未来への投資」です。

 そのことがわからないまま、幕末・明治維新後、さらには戦後、日本はどんどん西洋化

し、物質文明化を加速、自然と乖離した難しい時代を生き抜こうとして、ついに限界を迎

えているのが、現在の日本列島の状況です。

 梨本宮記念財団がどのように天皇家、宮内庁さらには厚労省に代わって日本の戦後処理

を続けてきたのか、その一端は次回第8号でレポートする予定です。



●コロナ死より多いワクチン死? ワクチン死より多いガン死!

 「ガンからの生還」レポート ウエルネス情報「一口知識」



●ヒトラーはベジタリアンだったのか?

 「絶対得するビーガン&ベジタリアン」5


●「まずはコロナに感染してみようと頑張った2年間の奮闘努力レポート! 

  実験してわかる意外な真実 「無名ジャーナリストの仕事」5


●「世界初・特許ゴルフ術教えます」5 かこいゆうぼう塾長

  黄金ゴルフ理論の「前傾姿勢の法則」について


●東京・谷中「天王寺墓地」に眠る新潟出身 江戸三筆の「巻菱湖」

  フォトギャラリー5




「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考えた・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page