「ウエルネス@タイムス」第9号 ヘッドライン


 「ウエルネス@タイムス」第9号 ヘッドライン



 2022年を迎えて、相変わらず世界はコロナに振り回されています。コロナに加えて

ロシアのウクライナ侵攻により、世界は第三次世界大戦前夜の様相を帯びしています。

 前回、第8号の冒頭に記したまま、状況は変わりません。

 4月、日本では新年度が始まる4月1日は「エイプリルフール」の日です。とはいえ、

近年、これほどエイプリルフールが話題にならなかった4月1日も珍しいのではないでし

ょうか。

 理由は、どんな嘘もウクライナとロシアを巡る世界情勢を前にしては、何の驚きも生ま

ず、ましてやユーモアになどならないからです。

「ウクライナ問題について、どう思いますか?」と、いろんなところで聞かれます。

 天気やスポーツあるいはコロナの話題同様、いまやあいさつ代わりに、交わされる会話

です。

 テレビや新聞、ネット情報から適当に応えるのは簡単です。事実、コロナにしろ、ウク

ライナにしろ、あらゆる問題について、専門家と一緒にタレントや芸人が答えています。

 医療における対症療法のようなもので、ある問題が生じると、そのことを論じて、また

別の問題が起きると、それを語ります。そこでは、いかにもっともらしく語るかが問題で

本質的なことは語る必要がないからです。

 よく、過去に目を閉ざす者は云々、歴史を知らない者は云々と言われますが、すべての

歴史は勝者や声の大きいもの、話のうまい者たちによって、つくられています。

 そこでの法則は「泥棒にも三分の理」「嘘は100回言えば本当になる」という世間の

知恵、世界の現実があります。だからこそ、それぞれが勝手なことを言って、過去をほじ

くり、正義を掲げて、相変わらずの争いを続けているわけです。

 過去など見ないほうが、よっぽどいいと思うのは「ウエルネス@タイムス」ぐらいかも

知れないませんが、今を見れば、未来に訪れる過去は同じことの繰り返しだとよくわかり

ます。

 ウクライナについても、小学生に聞けば、問題はいま行われていることが一国のリーダ

ーたちがやることではない、人として、理屈抜きにおかしいということがわかります。




●一口知識『免疫を破壊するコロナワクチンの解毒法』(コスモ21)より

 自分の頭で考え、物事の本質や真理を見ぬく思考が今、私たちに求められている!

https://www.wellness-at-times.com/post/「-タイムス」一口知識-『免疫を破壊するコロナワクチンの解毒法』(コスモ21)より-一口知識-自分の頭で考え、物事の本質や真理を見抜く思考法が今、私たちに求められている!




●建設談合の闇に挑む「無水堀工法」裁判 障害者福祉のための永見博希代表の戦い

 無名ジャーナリストの仕事6

https://www.wellness-at-times.com/post/建設談合の闇に挑む「無水掘工法」裁判-障害者福祉のための永見博希代表の戦い-「無名ジャーナリストの仕事」6



●得するビーガン&ベジタリアン6

 ベジタリアンの訳語と「草食男子、肉食系女子系のウソ・ホント!?」

https://www.wellness-at-times.com/post/「絶対得するビーガン&ベジタリアン」6-ベジタリアンの訳語と草食系男子、肉食系女子のウソ・ホント!?



●「世界初・特許ゴルフ術教えます」6 かこいゆうぼう塾長

 黄金ゴルフ理論の「安定するスイングアークの法則」

https://www.wellness-at-times.com/post/「世界初・特許ゴルフ術教えます」6-かこいゆうぼう塾長-黄金ゴルフ理論の「安定するスイングアークの法則」



●フォトギャラリー6

 春を待つ新潟らしい「雪景色」 

https://www.wellness-at-times.com/post/春を待つ新潟らしい「雪景色」-フォトギャラリー6


「ウエルネス」とは、私たちが暮らす世界を健全で、より良き状態を維持するために、必

要とされる普遍的な価値であり、目標とすべき考えた・生き方です。

 もともと「ウエルネス」Wellnessは、英語の形容詞Well(良く、健康な)

に、名詞を表すnessからできています。一般的には健康な社会生活を送るため、食生

活の改善や適度な運動などを、総合的に取り入れた生活スタイルを意味します。

 広義には身体的、精神的な健康に限らず、その基盤となる環境の健康、社会の健康をも

含めた考え方・生き方を言います。

「ウエルネス@タイムス」は、人々の健康・安全とともに、広く世の中の健康・安全に役

立つ情報を、フレキシブルに提供するソーシャル・メディアを目指しています。

                      ひとりシンクタンク2010 代表


閲覧数:152回0件のコメント