top of page

ウエルネス情報2.  「ガン」からの生還レポートその後 次々と「寛解」状態です!


 ウエルネス情報2.
  「ガン」からの生還レポートその後 次々と「寛解」状態です!




「ウエルネス@タイムス」第12号で「νG7量子水に、スゴイことが起きている!」の

タイトルで「旧松下電器の特許王・宇田成徳博士(宇田技術研究所)を訪ねる」とのレポ

ートとともに、その実例として、同時に「免疫力アップ」をキャッチフレーズに黒ニンニ

クの製造販売をしている「甲賀の黒忍研究所」(滋賀県大津市)の樋口寛美所長からの報

告を掲載しています。

 今回「株式会社ウエルネス」野村修之社長のもとに、1年後の経過報告が届きましたの

で、以下に転載いたします。

           *                *

 前回インタビューの方の経過

①乳がん 60代女性(2018年がんステージ4)

 現在「寛解」状態です。再発していません。

 日常生活は普通です。

②血液性がん 50代女性(2018年12月ステージ4)

 現在「寛解」状態と思われます。

 復帰後、再発はありません。

 よくお会いしますが「美人になったなあ〜」と、冗談を言っています。

③直腸がん 70代男性(2019年5月直腸がん、9月転移肝臓がんと2度の手術)

 現在、普通に日常生活を送り、農作業にも復帰しています。

 再発の傾向はありません。「寛解」状態です。

④大腸がん他、肝臓がん 60代女性(2020年9月 がんステージ4)

 大腸、直腸がんから肺がん転移、2020年段階で肝臓がんでした。

 その後、抗がん剤治療一回、2023年現在、進行検査中です。

 前回の報告でのご主人からのメール「ステージ4の肝臓がん患者なのだろうかと不思議

なくらいです」との感想は、2021年末の状態で、生活も普通で、ご本人から私の胃炎

のための玄米クリームを頂きました。2022年で「寛解」と本気で思っていました。



 その後のがん 量子水リバース飲用者

⑤2022年10月 食道がん 70代男性

 抗がん剤治療なし、手術も拒否。免疫治療中に量子水の飲用を始めた。

 本人曰く「アンタに騙されてみるわ」

 12月からがらがら声が少し良くなり、食事の通りが良くなる。

 2023年2月現在、声がもどってきていると、周囲の人から声変わりを指摘される。

 電話での会話、初めは聞き取りにくく、何度も聞き直したのが、現在は普通に会話。

⑥2022年6月 血液がん 60代男性

 親しい友人のため、半ば強制的に量子水を飲用させる。

 抗がん剤治療の副作用がひどく、苦しむことが多い。

 副作用で苦しい時、自暴自棄になる言葉が増える。

 最近のメールで「ヘモグロビンが基準値より低いので酸欠状態です。今は、1カ月に1

回、輸血してヘモグロビンを補っています。つまり、一進一退ですね。便通の方は、良く

なっています」

 先ずは、食と排尿排便に注目しています。当初は「うさぎのうんこでコロコロした硬め

の便で、通じが苦労だった」という状態だったので。

⑦その他、免疫細胞暴走者(膠原病)と喘息者、糖尿病など数人有。

          *                 *

 以上、途中経過を含めて、興味深い事例が増えています。

 ④の事例は、いまだ進行検査中とのことですが、何事も健康が基本です。③の女性への

冗談も、相手が健康だからこそ言えることですから。

 今後の展開に注目したいと思います。




閲覧数:43回0件のコメント

Comments


bottom of page