top of page

 ウエルネス情報2 「フッ素の危険性から身を守る!」          νG7量子水の可能性を検討する


 ウエルネス情報2 「フッ素の危険性から身を守る!」        
  νG7量子水の可能性を検討する



 EUがフッ素使用禁止を検討!

 テフロン加工のフライパン、フッ素入り歯磨き粉など、フッ素化合物(PFAS)は、

私たちの日常生活に欠かせないものとして、広く利用されてきました。

 近年は化学部品、IT基盤等のフッ化水素など、洗浄用の用途が、日本の高い技術力と

ともに注目を浴びています。

「無害・安全」と言われてきたフッ素ですが、以前からその安全性には大きな問題がある

という疑問の声が根強くありました。事実、フッ素化合物のうちPFOSとPFOAは、

環境残留性が高いとして、日本でも製造・輸入禁止になっています。

 そのフッ素化合物は、数千種類あると言われています。

 何が安全で何が危険かの判断は、難しいものがあります。

 そうした中、一足早く、EU(欧州連合)がフッ素化合物の使用を禁止する草案の検討

を始めたとしてニュースになっています。同時に、化学業界に代替物の確保を求めていま

す。

 草案策定に携わったドイツ、オランダ、デンマーク、スウェーデン、非EU加盟国ノル

ウェーの5カ国は、共同声明で、承認されれば欧州最大級の化学物質規制になるとし、フ

ッ素化合物を禁止すれば、長期的に環境中のPFASの量を減らし、製品及び製造プロセ

スの安全性を高められると述べています。



 フッ素の害を不活性化する

 北九州市の「いいもの研究所」では、定期的に「ウエルネス」のνG7量子水関連情報

を広く提供していますが、2022年12月、フッ素に関して、νGテラヘルツシャワー

の愛用者からの質問に答えています。

 質問は「塩素が抜ける感覚は確かに感じるけど、もし、フッ素が水道水に混入したらど

うですか?」というものです。

 すでに日本でも、各地で水道水の汚染や健康被害が問題になっています。

 質問に対する答えは、以下のようなものです。

          *                 *

 みなさんもここで高校の化学の授業を思い出して下さい(図参照)。

 Fフッ素(右上)は、電気陰性度がいちばん大きい元素です。相手を引き寄せるパワー

がいちばん大きい、ジャイアンみたいな奴ですね。

 そして、元素周期表では、タテの列に並ぶ元素は似たような性質を持ちますから、ひと

つ下の塩素CLとは兄弟かいとこみたいな関係にあると連想できます。


 (図) 第二周期元素のフッ化物




 そうすると、塩素よりももっと反応性が高い、フッ素の電子の軌道の最外殻にνGから

供与される金属の自由電子が、ポンと1つ飛び込めば、イオン化傾向が大きいフッ素は大

人しくなる可能性が大である、と推察できます。

 実際に、計測したことがありませんから推察と申しましたが、高校生の化学を元に考え

ますと、そんなことが理解できるわけです。

          *                 *

 なるほど、さすが「ウエルネス」ファンです。νG7量子水の塩素の不活性化効果と高

校の化学の知識からの指摘ですが、十分な説得力があると思います。

 

閲覧数:29回0件のコメント

コメント


bottom of page