top of page

●ウエルネス情報 「サンデー毎日」νG7量子水 カラー広告

●ウエルネス情報 「サンデー毎日」νG7量子水 カラー広告

  週刊ポストの「温水洗浄便座」記事その他

「ウエルネス@タイムス」第14号の「ウエルネス情報」で紹介した「サンデー毎日」の

2022年11月6日号の表紙裏に「体臭対策には量子水」のカラー広告が掲載されてい

ます。

 表紙には「創刊100周年記念」とあり、サンデー毎日の売り物企画「国公立・私立3

25校/4大模試難易度文系編」の掲載号であることが謳われています。

 創刊100周年という、そんなに古くからある週刊誌だとは思いませんでしたが、歴史

ある新聞社系週刊誌にνG7量子水の広告がでることは「ウエルネス@タイムス」として

も歓迎すべきことです。

 同じ第14号には「温水洗浄便座の不都合な真実とνG7量子水」に関する情報も掲載

されています。水道水に含まれる塩素が、大腸がん、直腸がん、子宮内膜症などの増加の

原因になっているのではないかという専門家の指摘を紹介するともに、塩素の害を不活性

化するνG7量子水並びにミニ装置(νSUN君)を推奨しています。

 たまたま「週刊ポスト」11月18/25日合併号には「衝撃の学会値報告」として、

「1日2回のウォシュレットで『肛門崩壊』」との驚きの記事が掲載されていました。

 潜在患者数500万人という「人には言えない悩み」の原因が、ウォシュレット(温水

洗浄便座)を使い続けると「ウンチが漏れる」というのです。

 出典は10月14日の第77回「日本大腸肛門病学会」で発表された「温水洗浄便座を

1日2回以上使用する人は肛門失禁が重症化する」との研究結果です。

 この発表がにわかに注目を集めたのは、その背景に、近年、便失禁の症状と悩みが増加

していると言われていることもあります。

 もっとも、学術データとは別に、温水洗浄便座を使っていないのに、便失禁に悩む高齢

者も少なくありません。便失禁は、残尿、失禁同様、加齢に伴うよくある症状でもありま

す。

 これから冬場にかけては、ひびケア商品の広告をよく目にすることになります。

 そこでは塩素の含まれた水道水が問題のため、多くの主婦は食器洗いなど水仕事の際に

はゴム手袋などをつけて作業をするのが普通だということです。手袋をして、クリームな

どのケアをしていても、なお手が荒れるというわけです。

 普段、当たり前に「νG7量子水」を使用していると、あるとき「そういえば」と思っ

て、いろいろなことに気がつきます。

 冬場、ゴム手袋も使わず、水仕事をしているにもかかわらず、以前は毎年悩まされたひ

びやあかぎれなどの症状が、まるで出てこないことことに、ふと気がついたりします。

 塩素の害から無縁のためですが、「ウエルネス」ライフ、νG7量子水ファンの間では

よくある気づきです。

 案外、学会で指摘された肛門失禁の症状も、塩素の害が関係しているのではないかと、

そんな気にもなってきます。


閲覧数:16回0件のコメント
bottom of page