コロナ後遺症、コロナワクチン災害に朗報!  那須塩原「NS研究所」から届いた「コロナ後遺症克服談」

「@タイムス情報」

 コロナ後遺症、コロナワクチン災害に朗報!

 那須塩原「NS研究所」から届いた「コロナ後遺症克服談」



 コロナは例年のインフルエンザと似たような推移を経て、終息していくのかと思うと、

そのような方向には向かってはないようです。

 逆に、コロナ後遺症、コロナワクチン災害など、まだまだコロナ騒動は続いています。

 そんな中、3回目のワクチン接種が続いていますが、海外では4回目の接種が準備され

ています。とはいえ、これまでのワクチン接種に比べて、効果がさほど見られないという

データが届いています。

 日本では、コロナ後遺症並びにワクチン被害に悩む人たちが増加傾向にあり、2022

年3月25日、名古屋市(河村たかし市長)が全国で初めてコロナ後遺症の相談窓口を開

設したと話題になっています。

 問題は、コロナ後遺症に悩む人たちの増加は、名古屋市に限らないことです。

 今後も、続々とコロナ後遺症、ワクチン災害が全国各地で増え続けるのは間違いありま

せん。

 コロナから、またワクチン災害から我が身を守るのは、結局のところ、自らの免疫力、

日頃の心掛けでしかありません。



 今回は、栃木県那須塩原の「NS研究所」(生沼紀明所長)から3月25日に届いたレ

ポート。大阪の「株式会社ウエルネス」の「ヘキサゴン30」(2L)を10時間回した

リバース水による「コロナ後遺症克服体験談」を紹介することにします。

           *                *

 10時間リバース水を昨日より、飲み始めました。

 私はワクチンは打っていないのですが、周りはワクチン接種をした人ばかりです。

 今回のコロナワクチンはmRNAワクチンのため、どのようなメカニズムかわからない

面はあるものの、彼らの体内に取り込まれた遺伝子を含んだ息や飛沫などが、濃厚接触者

にも影響するようです。


 2022年2月、気がつくと、嫁も私も、両腕がリウマチになっていました。

 体内でスパイクタンパクを貪食した白血球が死んで、残留物(ゴミ)になり、関節に付

着した結果のようです。

 リウマチは多価不飽和脂肪酸(プーファ)に、様々なゴミが付着して、そのゴミの粒が

大きくなるのが原因のようです。腕、関節部分の痛みと違和感に苦しめられました。

 スパイクタンパクとプーファが合体して、それを貪食して、死んだ白血球のゴミが関節

に溜まるのが、リウマチの原因と仮定できそうです。


 デトックスが必要なことから、2Lリバース用に11時間の電源タイマーを注文しまし

た。

 10時間リバース水のおかげで、両腕のリウマチが8割程度まで回復しました。完治ま

でもう少しです。嫁も元気になってきました。

 リウマチ症状が改善しました。2Lリバースは10時間専用機にしようかと思います。


 11時間タイマーが届きました。これで回し過ぎが防止できるようになりました。モー

ターを少し速くして、3時間くらいで2万回転リバースを作れると、もう少し楽になりそ

うです。

 コロナの後遺症で苦しんでいる人はいませんか?

 ひょっとしたら、この10時間回しの「ヘキサゴン」2Lで、改善するかも!

 デトックスしましょう。

            *              *

 コロナ下、世界中でワクチンパスポートが話題になりましたが、2年半経ってわかった

ことは、コロナ感染症とワクチン接種が続く中、ワクチン接種者が確実に感染源、後遺症

被害を振りまくことから、逆に「コロナワクチンを打っていると、飛行機に乗れなくなる

ようになる」と語る医師もいます。

 いまもコロナ後遺症に苦しむ人たちがいて、さらにワクチン被害が深刻になる中、高齢

者を中心に死亡者数が増え続けています。

 異常な死者数の増加に、2022年2月、厚生労働省も広域火葬場計画の整備を指示し

ています。

 ハッキリしていることは、コロナが終息するかしないかに関わらず、またワクチンが効

こうが効くまいが、近年の一連の流れを見ていれば、現代人はずっと世界の製薬・医療資

本、医療界の“奴隷”であるという現実です。

閲覧数:108回0件のコメント