top of page

●ハワイからのメール 「アーシング論文」3  臨床でのアーシングの効果に関する医師の体験報告


●ハワイからのメール 「アーシング論文」3
  臨床でのアーシングの効果に関する医師の体験報告



 アーシングの効果を伝える論文からわかることは、文明とは21世紀の今日、ほとんど

アメリカが見本ということです。その影響力は中国の台頭により衰えたとはいえ、多くの

面で根強いものがあります。

 ハワイ経由でアメリカ本土に行く飛行機があるように、ハワイは伝統的に日本に近い関

係であると同時に、海を隔ててアメリカを客観的に見ることができる位置にあります。し

かも、日米クォーターの亀井士門院長は、日本に生まれ、アメリカ・ハワイで育ったため

その両者の長所も短所も実感として理解してきたようです。

 アメリカにいるからこそ、日本の良さがわかり、日本を離れているからこそ、アメリカ

と日本との本当の関係も見えてくる。そんな立場からのメールは、いつも現代日本と世界

を考える上での大きなヒントに満ちています。

 東洋医学博士として、ハワイのジュジュベクリニックでの診療の一環として、導入して

きたアーシングも、いわゆる西洋型の現代医療の盲点を突く画期的な治療法の一つです。

 今回は、実際の病院、クリニックでの臨床効果に関する報告です。一般的には、あまり

お金がかからないので、ビジネス優先の病院・医者にはあまり人気がないという一面もあ

ります。



          *                 *

 臨床での観察について、以下、アーシングを臨床に取り入れた際の著書(論文制作者)

6人の個人的な考察を紹介する。


 血圧の改善に役立つ

1.ウエンディ・メニゴス医学博士「ナチュロパシフィックメディスン」(イリノイ州ブ

ルポナイズ市)

 私は9年ほど前から、アーシングを日常的に患者に使っている。この人々は、頭、首、

背中の痛み、生理痛、足底筋膜炎、関節リウマチ、線維筋痛症、そしてその間にあるすべ

てのものを抱えている人たちだ。通常、彼らは私に会いに来る前に、すべてを試してきて

おり、改善の見込みを失っている人が多い。

 私は患者にアーシングをするようお願いしており、初診の患者さんには10ドルのアー

シングコードと、アーシングパッチをお渡ししている。そして、夜にベッドでアーシング

をするように伝える。すると、痛みが劇的に軽減され、時にはまったく痛みがなくなるこ

ともある。おそらく、私の患者の98%はアーシングをしている。もし効果がなければ返

金しているが、そのようなことはほとんどない。効果があり、簡単なアーシングは皆が大

好きだ。

 覚えていて欲しいのは、私はこの人たちに食事療法とサプリメントのプログラムを行っ

ていることだ。アーシングはそれとの組み合わせである。私にとっては、アーシングは水

を十分に飲むこと、日光を浴びること、新鮮な空気を吸うこと、健康に良い食事をとる事

と同じくらい重要なことだ。

 膝や股関節の人工関節置換術を受ける人は、アーシングパッチを利用したり、アーシン

グマットで関節を包むと、夜間の痛みが取れることがわかった。これは、患者が1日を乗

り切るのに役立つ。軟骨が不足している場合は、アーシングによって体内で軟骨が再生さ

れるような環境を整えることができるのかもしれないが、私は彼らにビタミンやミネラル

を投与することも加えている。

 アーシングは、多くのケースで血圧の改善に役立っている。男性患者の中には、勃起不

全が改善されたという人が何人もいたが、これは血行が良くなった結果であると思う。

 通常、決して良くならない症状や、単に症状を管理するために薬で治療するような症状

が治癒したり改善したりするのを、私は何度も目にしてきた。

 アーシングの効果を実感した人が「いつまでこれを続けるのが良いのか?」と私に聞く

事があるが、私は笑って「良くなりたいという願望が満たされるまで続けるように」と答

えている。


 睡眠の改善に役立つ

2.トレーシー・ラッツ医学博士「レイクノーマン統合精神医学」(ノースカロライナ州

モーズビル)

 私は、統合精神医学の診療やセミナー、オンライン講座で、癒しへの幅広いアプローチ

の一環としてアーシングを勧める。アーシングは、私の多次元的な癒しの薬袋の中の協力

なツールだと考えている。

 アーシングを実行する患者もいれば、実行しない人もいる。アーシングを実行した人の

うち、65〜75%は良い反応を示す傾向がある。これらの患者は、感情的、精神的、身

体的にさまざまな問題を抱えており、精神医学と身体医学の両方の診断が組み合わさって

いることがよくある。私のセミナーやオンラインコースでは、おそらく75%がフォロー

アップされている。

 アーシングは一般的に睡眠を改善する。不安症(心的外傷後ストレス障害、全般的不安

障害、パニック障害など)人にとって、睡眠の改善があることは大きな違いを生む。不安

が改善された後、アーシングをやめてしまう患者もいる。なので、私は患者たちに、どう

して体が良くなったかを思い出すように言っている。

 うつ病の場合、症状や体力が改善されるのをよく見る。定期的にアーシングをしている

人は、ストレスの多い状況に対して、耐性があるように見受けられる。

 慢性疼痛の患者さんの多くは、疼痛管理の医師から私のところに紹介されてくる。これ

らの患者は、絶え間ない痛みによって不安や鬱を引き起こしていて、状況が改善されるこ

とへの希望を失っているような人々である。

 その多くは、鎮痛剤にうまく反応しない、または薬に耐性がある患者であるが、アーシ

ングによって、彼らは通常、炎症と痛みのレベルが低下したと報告してくる。そのため、

アヘン剤による治療の必要性が低くなる。現在のアヘン剤による危機を考えると、アーシ

ングは慢性的な痛みに対する代替医療やリハビリセンター、コミュニティーにおける「1

2ステップの回復プログラム」への貴重な追加手段として考慮されるべきだ。

 私がこれまで治療したグルテン不耐性や過敏性腸症候群(IBS)の患者の多くは、ア

ーシングを定期的に利用することで症状が著しく改善されてきた。完全に治ったわけでは

ないにしても、消化管や胃の問題は改善され、痛みや不安も軽減されている。

 また、自己免疫疾患の患者にもアーシングを勧めている。自己免疫疾患の再燃を引き起

こしたり、悪化させたりすることがよく知られているストレス反応をアーシングが低下さ

せるので、非常に有益なのだ。

 私は、副腎皮質ホルモンを使い果たした慢性疲労の患者をたくさん見てきた。その多く

は、強いストレスにさらされた経験がある。アーシングを行うと、疲労感が軽減され、落

ち着きを取り戻す。睡眠サイクルが改善されると、副腎の問題、つまりコルチゾールのレ

ベルも改善され始める。彼らは体力がみなぎるのを感じ初め、徐々に体調が良くなってい

く。


 慢性疾患の軽減に役立つ

3.ロビン・A・イーリー医学博士「統合医療センター」(メリーランド州ポトマック市

 アーシングの欠如は、私たちの世代で慢性疾患が著しく増加している重要な要因の一つ

であるという仮説は、現在進行中の研究によってますます実証されています。アーシング

は人間の生活に不可欠なものであり、人間の膨大な経験において規範的なものであった。

しかし、絶縁材料で作られた建物や履物(靴など)の出現により、人間は24時間のうち

一度も地球と電磁気的に接続されることなく生活することになった。

 私はアーシングを誰にでも勧めている。アーシングは私自身の生活にも、また他の人々

の生活にも非常に有益であることがわかった。アーシングの方法には、土や草、砂の上を

歩いたり、マットやスロー、パッチなどのアーシング製品を室内で使用したりすることも

ある。

 アーシングに関する多くの効果が報告されている。例えば、アーシングされた状態で眠

ると気分が良くなる、アーシングされた状態で仕事をするとコンピュータの負担が減る、

授乳中に母親がアーシングをしていると赤ちゃんがイライラせず、落ちついていて、授乳

が楽にできるようになる、テーブルにぶつけてひどく打ちつけた脛にアーシングパッチを

使うと早く治る、などである。

 個人的なことでは、睡眠中にアーシングをすると、朝の痛みが軽減され、また熟睡でき

るようになる。私には17人の孫がおり、いつも孫と一緒に活発に行動しているので、ア

ーシングは私を助けてくれている!!


 治療薬は土の中にある

4.シモン・カメイ(亀井士門)東洋医学博士「ジュジュベクリニック」(ハワイ州ホノ

ルル)

 3年以上前にアーシングのことを知り、できるだけ裸足で歩く、走る、庭仕事をするよ

うになった。普段から食事や生活習慣にも気をつけていたが、それでもすぐにエネルギー

に大きな違いを感じた。アーシングは私のエネルギーを新たなレベルへと引き上げてくれ

た。また、よりポジティブになり、気分も良くなり、思考がより明快になった。コンピュ

ータで仕事をするとき、レンガ造りの中庭に裸足で座っていると、より良いアイデアが浮

かぶことにも気がついた。

 私は鍼治療、デトックス、血液の検査、栄養と食事、運動など、クリニックの複数のホ

リスティックプログラムにアーシングを加えるほど、感銘を受けた。患者の毎日の習慣と

して、庭やビーチ、公園など、いつでもどこでも裸足になるようお願いしていて、最初は

10分くらいから始めて、出来るだけ長く続けてもらい、室内でもアーシングすることを

勧めている。

 私のクリニックはビーチに隣接しているので、患者は診断の後、濡れた砂浜を少なくと

も10分、できればそれ以上、裸足で歩くように伝えている。

 私の患者の中には、がんや腎臓の機能低下により、足にかなりの浮腫みや水分の貯留が

見られる方もおり、足が水風船のように膨らんでいる。そのような患者には、クリニック

のスタッフ2人につきそってもらい、足を穴の中に入れてもらう。そして、その穴を砂で

埋める。約20分後、浮腫は通常取り除かれる。患者さんは“砂の治療”おかげで、とて

も喜んで、気分よく歩いて帰られる。

 私はアトピー性皮膚炎という、子どもによく見られる皮膚病の子どもをたくさん診てい

る。親御さんには、子どもを公園に連れていって裸足で走り回らせたり、海に行って泳が

せたり、裸足で歩くことを勧めている。すると、とても早く状態が改善すると伝えてくる

。治療薬は土の中にあるのだ。

 私はバセドゥ病(グレーブス病)、ルーブス、多発性硬化症、関節リウマチのような自

己免疫疾患を多く診ているが、このような場合にも、アーシングは非常に役立っている。

 血行不良の患者は、アーシング後に四肢が暖かく感じると言うが、これは血行が改善さ

れた結果だと思う。痛みのある患者さんからは、痛みがだんだん少なくなってきた。ズキ

ズキする痛みがなくなってきたという報告がある。

 アーシングは、多くの段階で改善を促し、私が行う他のすべての治療と相乗的に働き、

さまざまな状態に対応する。ライフスタイルを変えることで、大きな違いが生まれる。私

は長年、食事やデトックス、運動といった典型的なライフスタイルの変化が、血液検査の

結果をいかに改善するかを見てきたが、アーシングを私の提案に加えるようにしてから、

結果はさらに劇的に良くなっている。それはまるで、何か本質的な癒しのスイッチが入っ

たようです。


 消化管障害の改善に役立つ

5.グレゴリー・メルビン(カイロプラクティック医師)「トータルサーマルイメージン

グウエルネスセンター」(カリフォルニア州ラメーサ)

 私は7年以上前からアーシングを患者に勧めている。最初は半信半疑であったが、アー

シングによって、治癒が早まったという患者の声を聞いて、すぐに感心した。痛みから消

化不良まで、さまざまな問題が報告された。

 サーモグラフィーによって、その治癒の過程を確認することができた。当初は、アーシ

ングが血管の変化や四肢にどのような影響を与えるかを知りたかった。何人かの患者にア

ーシング製品を渡し、アーシングの前後で画像診断を行ったが、治療したわけではなく、

数日後ベッドでアースをとってもらっただけである。すると、再度の検査の時、3日ほど

大きな変化があった。その実験を、さらに10人ほどの患者さんに続けてみたところ、結

果は同じで大幅な改善が確認できた。これは何か特別なことだと思い、アーシングを私の

多面的な治療計画や画像解析に極めて重要な要素として取り入れる必要があると思った。

 私たちは結局のところ、生体電気的な存在であるため、アーシングは体の電気系統に急

速に蓄積する。まるでバッテリーを充電しているようなものだ。

 私はアーシングで硬膜の応力負荷による画像診断の結果が改善されるのを何度も見てき

た。硬膜組織は、脳と脊髄の繊維性結合組織の一番外側にある膜である。この組織に問題

が発生すると、発生する場所によって、痛みやしびれ、内蔵や手足の機能障害が現れる。

 神経学的には、中枢神経に緊張やストレスの負荷がかかるということは、ヒューズボッ

クスをカメラで見て、過負荷になっているシステムを見るようなものである。そして、ア

ーシングを取り入れると、もはや負荷ではなくなる。アーシングを数晩行っただけで、背

骨に生理的な変化が起こるが、これは通常、数週間、あるいは数ケ月にわたる治療では見

られないことだ。他の種類の治療を追加する必要があるにしても、患者からは緩和の報告

があるのだ。

 2014年、私はサーモグラフィーを使って40人の血液やリンパの流れ、2015年

の研究におけるアーシングの血流促進硬化(「ウエルネス@タイムス」第16号参照)や

消化管の機能を分析する研究に協力した。

 この研究では、アーシングをしなかったグループではなく、アーシングをした参加者の

みが短期間で腹部全体に印象的な改善を示した。さらに驚いたことに、アーシングが消化

管の運動性に大きな影響を及ぼしていることがわかった。

 一般的な消化管障害の患者さんが、アーシングをしながらたった3晩寝ただけで、クレ

ンジングや姿勢改善など、他の方法ではなお時間がかかるような大きな変化をサーモグラ

フィーを使って、目の当たりにしたことがよくある。アーシングを行うだけで、短時間で

鬱血が解消されるのを、画像で確認することができる。そして、この客観的な証拠は、患

者さんからの肯定的なフィードバックを伴うものだ。

 消化管の鬱血は、便秘、腹部の不快感や痛み、慢性疲労、四肢や静脈、さらには睾丸の

腫れなどの問題の原因として、しばしば診断されず、見落とされることがある。

 アーシングの研究では、アーシングの後20分以内に回盲弁の機能が改善されたことを

示すサーモグラフィーの証拠が得られたが、これは驚くべきことだ。アーシングをしてい

ない人たちには、このような変化は見られない。

 アーシングはすべてを解決できるわけではないが、多くのことを解決することができる

。それも多くの場合かなり早めに効果が出る。


 基本的ライフスタイルの「治療」

6.ドリュー・シナトラ医学博士「クリアセンター・オブ・ヘルス」(カリフォルニア州

ミルバレー)

 私は2011年に患者にアーシングを施し、これは患者にとって包括的なライフスタイ

ルプログラムの論理的かつ生産的な部分であると考えている。私は食事、サプリメント、

ストレス解消、運動などを含む患者への方針をオーダーメイドしている。アーシングは、

そのプログラムをより完全なものにし、私の成果を高めてくれる。アーシングは、水を飲

んだり、体に良い食事をとるのと同じように、誰もが自分のために行うべき基本的なライ

フスタイルの「治療」なのだ。

 理想を言えば、患者にはできるだけ外に出て、裸足になってもらいたい。そうすること

で、一般的にストレスが軽減される。歩いてもいいし、椅子に腰掛けて芝生の上に足を置

いても良い。これは簡単な治療で、しかも無料である。天候や条件が許す限り、1日に最

低でも10分か20分、できればもっと長く行うようにと患者には伝えている。また、ア

ーシングの休憩を取ることをお勧めしている。自然の中にいること、アーシングの効果、

あるいはその両方によって、ストレスが解放される。

 アーシングができない人のために、室内用として開発された製品が便利である。このよ

うな製品を購入するには費用がかかるが、座りながら、あるいは寝ながら、日常的にアー

シングを行うことができる良い機会だ。デスクワークの人は、仕事をしながらアーシング

をすることもできる。

 夜、アーシングをすると、よく眠れ、深く眠れる。しかも、すぐに。睡眠がより安らか

になったと報告がある。これは凄いことだ。

 局所的な痛み(腱炎、滑液包炎、関節炎、怪我)にアーシングバンドやパッチを使用し

ている患者は、痛みが少ないと報告していることが観察される。一例として、肘の腱炎の

65歳の女性患者は、アーシングのリストバンドを毎日1時間ほど使用したことがある。

2週間後、彼女は痛みが50%ほど軽減したと言って戻ってきた。彼女の治療プロトコル

は、アーシング、天然の抗炎症サプリメント、コントラストハイドロセラピーで構成され

ていた。

 線維筋痛症は、毎日のアーシングに反応することがわかった。例えば、45歳の女性患

者は、私が勧めたベッドでのアーシングに従った。約1カ月後、彼女は体の痛みが大幅に

改善され、夜間もぐっすり眠れるようになったと報告した。私は低用量ナルトレキソン、

抗炎症食(砂糖、グルテン、乳製品を含まない食事)、ボスウェリア、微量ミネラル、リ

ボソーム・グルタチオン(カビ治療のため)も投与していたので、これらの治療も同時に

行っていた。

 鍼治療中にアーシングをした患者さんは、鍼だけの治療と比較して、より深くリラック

スした状態で治療をうけられることが確認されている。鍼の中や周りの感覚は変わらない

が、テーブルの上での体験そのものが違うのだ。


 考察 アーシングの適用

 アーシングのライフスタイルのコンセプトとしての大きな利点は、適用が簡単なことで

ある。裸足で歩くことが最も自然な方法であることは明らかだ。芝生のある公園や庭、砂

浜などが理想的である。また、その他の自然の地形やコンクリートの上などきでは、足を

保護するためのアーシングフットウエアが販売されている。これはネットで検索できる。

 もうひとつの方法は、裸足でガーデニングをすることだ。土に手を入れるだけでも、ア

ーシングの効果が得られる。

 アーシングを行う場所として、最も便利で人気があるのは、自宅やオフィスの中だ。ア

ーシングは、仕事中やリラックスしているとき、そして寝ているときにも簡単に取り入れ

ることができる。アーシングは、どちらの活動も妨げず、毎日何時間でも行うことができ

る。アーシング製品は、コードをコンセントのアースポートに差し込むか(言えやオフィ

スのシステムに接続)、屋外の土中に設置されたアースロッドに取り付けることで、地球

と接触するものである。

 臨床医はオフィスで(予約の前後でも待合室で)30分以上のセッションで、導電性の

椅子、マット、パッチなどのアーシング製品を使用して患者をアースすることができる。

臨床医は、サフリメントをオフィスで販売するのと同じように、アーシング製品を販売す

ることができる。また、患者にはオンラインショップを紹介することもできる。

 注意:アーシングは幅広い生理学的効果がある。そのため、薬の服用量に注意する必要

がある。例えば、アーシングには軽度の抗凝血効果があり、甲状腺機能や血糖値の調節を

改善する可能性がある。


 結論

 アーシングは、生理学の基盤を基礎から強化することが、現在進行中の研究で明らかに

されている。世界的な疾病や痛みの負担がますます大きくなるにつれ、効果的な予防やラ

イフスタイルの実践がこれまで以上に必要になっている。そのような実践には、アーシン

グが必要である。アーシングは忘れ去られた自然の重要な側面、すなわち地球の治癒力に

立ち返ることを意味し、現代社会を苦しめる一般的な疾患の予防と治療の両方に関して大

きな可能性を持っている。




閲覧数:53回0件のコメント
bottom of page