top of page

 歯科治療の危険なユニット水、浄水器業界の不都合な真実     ウエルネス情報

更新日:2023年12月3日


 歯科治療の危険なユニット水、浄水器業界の不都合な真実     ウエルネス情報



院内水除菌 νG1Ⅼ最新 説明資料
.pdf
Download PDF • 4.70MB



 排水溝の7倍の雑菌入り?

 水の重要性に関しては、よく知られるようになっています。

 昔は当たり前に飲んでいた水道水は、蛇口に浄水器を取り付けたり、多くの人がペット

ボトルの飲料水を買うようになっています。

 塩素や汚染物質の害を考慮して、健康・完全面を意識する人が増えた結果です。

 多くの人が気をつけて、それぞれお気に入りの水や装置を選んでいる中で、盲点となっ

ているものも少なくありません。

 そんな一つが歯科治療に使用されている、いわゆるユニット水(診療ユニット内給水回

路の水)です。

 ユニット水の怖さについては、2015年8月27日の「読売新聞」で「機器に滞留し

増殖」の見だしで、雑菌による危険に対する対策が不十分だとして、記事にしています。

 ユニット水に雑菌が増殖するのは、その仕組みにあります。歯を削る機器がついた歯科

チェア内には、水道水が流れています。治療をしていないときは水が滞留し、時間の経過

とともに塩素の濃度が減少し、雑菌(微生物)が増えるというものです。

 女性週刊誌「女性自身」は、その危険性について、何と「排水溝の7倍の雑菌が入った

水で行われている歯科治療」と、見出しにしています。そして「想像するだけでも、ゾッ

とするが、実はこれ、アメリカでは歯科医療で多用する水によって、感染症が確認されて

大きな問題に」と明記しています。

 まさか、ユニット水がそんなことになっているとは知らなかっただけに、意外な盲点で

す。

 対策を施している歯科医も増えてきていますが、いまだ十分ではありません。

 そうしたユニット水の危険性に備えるため、これまで例えば「過酸化水素システム+セ

ントラル次亜水システム+ユニットに付ける器具」により、大量の薬品とお金をかけて、

「細菌ゼロ」を目指してきたシステムに替わるものとして、口腔ケア用品、健康関連グッ

ズ販売の「株式会社AT−MART COUNSUL」が紹介しているのが「ランニング

コストなし、メンテナンスフリー可能」というνG7量子水の装置です。




 雑菌が発生しないνG7量子水

 νG7量子水が有効なのは、ユニット水に限りません。実は、浄水器にも意外な盲点が

存在するのです。

 いわゆる浄水器は、水道水に含まれる塩素を除去するのが、第一の目的です。

 ところが「塩素を100%除去する」という浄水器は、雑菌が生じる可能性があるため

許可されません。ここでも、ユニット水同様の滞留水が問題になるわけです。

 塩素がなければ、滞留した水は時間の経過とともに、雑菌が発生します。

 そのため、浄水器業界には暗黙の了解というか、不都合な真実が存在します。要するに

塩素を除去するため、時間の経緯とともに、雑菌が発生するからです。

 それが業界の常識ですが、そんなことは公表できません。各メーカーは価格・性能面で

は競争していても、共通の利益のため、肝心なことは秘密にしているのです。

 これらの事実は、浄水器の水の追跡調査をしてみれば、わかることです。

 通常の水は、時間の経過とともに雑菌が発生します。ところが、νG7量子水のコアを

通した水に関しては、雑菌が発生することはありません。

「ウエルネス@タイムス」がνG7量子水を推薦する理由です。


閲覧数:27回0件のコメント
bottom of page