高回転量子水 モニター養豚農場からの報告書1 ウエルネス情報 「夏場でもブタが下痢をせず、成長が早い」


 高回転量子水 モニター養豚農場からの報告書1 ウエルネス情報
 「夏場でもブタが下痢をせず、成長が早い」





 2022年7月25日、福岡の「ハッピーエイト合同会社」(八幡憲一郎代表)から、

養豚農場の現場で何が起きているか、現地レポートが届きましたので紹介します。

 もともとνG7量子水は、産業用での展開は養豚場での試用から始まっています。

 試しに置いたところ、臭いが消えた。気がつくとブタが死ななくなった。ブタ同士、耳

や尻尾を噛まなくなった。生育が早い。そして、おいしいブランド豚肉になったというも

のです。

 その後も多くの、いい変化が起きています。

 今回の報告のポイントの一つは、養豚に理想的な量子水を模索する中で、高回転量子水

(30トンタンク2台/コアを230回通した水になる)をすべてのブタが飲用したこと

です。

           *               *






           *               *


 以上、同養豚場では夏場にもブタが下痢をせず、よく餌を食べて成長が早いという結果

が出ています。斃死豚の処理が減った他、下痢止め薬の削減などのコストダウン等々、ま

さにいいことずくめです。

 今後も引き続き、スゴイ報告が期待されます。




閲覧数:22回0件のコメント